社会福祉士のYouTubeチャンネルまとめ

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

突然ですが、社会福祉士のYouTubeチャンネルってどれぐらいあるのでしょう?

残念ながら、まだまだ希少なジャンルだと思います。

そもそも社会福祉士の存在が世間的にはマイナーかもしれません。

社会福祉士として働く人の多くが感じている悩みのとして、

「専門職としての役割を周囲にいま一つ理解してもらえていない」というものがあります。

社会福祉士当人たちができる打開策としては、積極的な情報発信が一つの手立てだと思います。

そういう点ではYouTubeは有効な手段です。

「既存のYouTubeチャンネルが今後さらに伸びて、新規チャンネルもどんどん増えていけば良いな」

今回はそんな思いから記事を作りました。

社会福祉士のYouTubeチャンネル一覧

この記事を作成するにあたって、ルールは以下のようにさせて頂きました。

YouTubeで「社会福祉士」を検索

Twitterユーザー検索にて「社会福祉士 YouTube」を検索

単発で資格試験対策のみ扱っていると思われるものを除外

1年以上更新が無いものを除外

動画数10本未満のものを除外

チャンネル登録者数順に記載

※チャンネル登録者数等の情報については2020年3月30日現在のものです。

JINチャンネル 

チャンネル登録者数5410人

みやちるソーシャルワーカー 

チャンネル登録者1720人

サメちゃんねる 

チャンネル登録者数555人

社会福祉士の保険・医療・福祉講座

チャンネル登録者数426人 

森山孝彰 

チャンネル登録者数213人

はっちの福祉チャンネル

チャンネル登録者数106人

アオキソーシャルワーカーオフィス

チャンネル登録者数21人

個人社会福祉士事務所フリーダム野村元延

チャンネル登録者数12人 

社会福祉士のYouTubeチャンネルについて

所感

あくまで私の見解です。この記事では各チャンネルの目的や趣旨は様々と思いますが、チャンネル登録者数や再生回数という指標に着目しました。知名度向上の視点からです。

今回ご紹介したチャンネルの中では「JINチャンネル」さんが最もチャンネル登録者数が多く、他チャンネルと比較も抜けていました。社会福祉士・精神保健福祉士試験や保育士試験の他、発達障害について複数の動画をアップされています。資格試験対策、子育て、発達障害などと複数のニーズに対応している点が理由の一つではないかと感じました。

社会福祉士というジャンルがそもそも世間的にメジャーとは言い難いので、「社会福祉士」というキーワードでYouTube検索される方も限定的であると思われます。(「ソーシャルワーカー」「精神保健福祉士」についても同様だと思います。)

そのため、「社会福祉士」という単独のテーマでは集客的には厳しいところがあるのかもしれません。

反対に言えば、テーマの掛け合わせや組み合わせによっては、まだまだ可能性を秘めていると言えます。

また、たくさんの人に見られなくても、困っている人の力になるという視点からも多様なテーマのチャンネルが存在する意義はあります。

子育て、介護、学校、労働などにおいて

様々な生きづらさを抱えながら、何か「困りごと解決したい」と思っておられる方は多くいます。

そのようなニーズに対する答えが得られるチャンネルは今後も必要とされていると思います。

最後に

コロナウイルスの被害拡大で生活への影響が甚大なものとなりつつ状況であり、現在は勿論のこと中長期的にも生活課題を抱える方は増えていくのではないでしょうか。さらには困っているけれど、誰に相談をしたら良いのか分からないという方も多く存在するのではないかと思います。

そこで、存在を知ってもらいたいのが社会福祉士です。あらゆる方の生活上の困難に関わる専門職であり、その守備範囲は非常に広いです。

社会福祉士の知名度向上により身近な存在となることで、相談先が見つけられずに問題を抱えこんでしまう方を減らすことができるかもしれません。

私の発信媒体は現在ブログとTwitterのみですが、知名度向上に役立てるよう情報の発信に努めたいと思います。

今回もご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました